ワークショップ

つくば座・もりや座 電波反射器製作ワークショップ

 アート&サイエンス・プログラム「つくば座・もりや座」を主催するアーカスプロジェクトは、金沢美術工芸大学鈴木浩之准教授、宇宙航空研究開発機構(JAXA)大木真人開発員を講師に招き、2015年2月8日、アーカススタジオ(もりや学びの里/守谷市)にて、「つくば座・もりや座」にエントリーした団体を対象にハンドメイドの電波反射器の製作ワークショップを実施しました。会場には約130名が集まり、「つくば座・もりや座」の撮像に向けて製作する電波反射器の製作の為に注意すべき点について解説を受け、電波反射器を制作しました。

(映像:ネコビデオビジュアルソリューションズ

つくば座・もりや座 電波反射器製作デモンストレーション

 アート&サイエンス・プログラム「つくば座・もりや座」を主催するアーカスプロジェクトは、金沢美術工芸大学鈴木浩之准教授、宇宙航空研究開発機構(JAXA)大木真人開発員を講師に招き、2015年2月7日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)大会議室にて、「つくば座・もりや座」にエントリーした団体を対象にハンドメイドの電波反射器の製作デモンストレーションを実施しました。会場には約100名が集まり、「つくば座・もりや座」の撮像に向けて製作する電波反射器の製作の為に注意すべき点について解説を受け、デモンストレーションで製作された電波反射器や道具に触れていました。

(写真:加藤甫/©Hajime Kato)