衛星画像

 このページで紹介する衛星画像は宇宙航空研究開発機構(JAXA)によって「だいち2号」によって撮像され、「だいちの星座」プロジェクトの為にJAXA地球観測研究センターの協力により画像解析されたものです。今後、金沢美術工芸大学 鈴木浩之によってこうして得られた衛星画像を元に「星空」と「星座」を模した地上絵「たねがしま座」「つくば座・もりや座」「かなざわ座」としてグラフィックが制作されます。

「たねがしま座」(2014年12月26日/南種子町内9ヵ所)

 鹿児島県熊毛郡南種子町の小学校8校と種子島宇宙センターに配置された電波反射器をターゲットとした「だいち2号」からの電波による衛星画像の撮像が2014年12月26日12時56分に実施されました。

 電波反射器は金沢美術工芸大学の学生を中心に製作され、南種子町の配置予定場所に運ばれた。当日は組み立て式の電波反射器を配置員(金沢美術工芸大学学生、鹿児島大学教育学部学生)が展開し、方位角や仰角を調整して配置した。下は、JAXA地球観測研究センターの協力により提供された「だいち2号」観測の衛星画像。各画像の中央には、ハンドメイドの電波反射器が「だいち2号」からの電波を製反射したことで現れる白い点が表示されている。

「電波反射器性能試験」(2014年9月21日/金沢市内8カ所)

上部にA〜Gの文字が書かれた各画像の中央に、地上に8ヵ所配置した電波反射器(上の画像)が人工衛星「だいち2号」から発信されたレーダーを強く反射している様子がはっきりとした白い点で表されている。(画像提供:JAXA)

参考資料:「だいち2号」位置情報取得iPhoneアプリの使い方